ワルツについて

お客様と「いっしょに○○する」ことを
第一に考えている広告代理店です。

広告や広報戦略は、型にはめることはできません。
それぞれのお客様が抱えている課題や、めざしている目標によって
何が必要か、または何が必要でないか、どう表現すればいいのか
個々に考えていく、
いわゆるオーダーメードです。
いっしょに考え、見据え、解決までの道のりをサポートするのが
広告代理店の役割だと考えています。

ADVANTAGEワルツの強み

「聞く」ことから、すべてがはじまります。

広告・広報戦略を立てる際に重要なことは、解決したい課題やめざす方向性を導き出すことです。
そのためには、何が課題なのか、目標なのか、お客様の話を聞くことが最初の一歩になります。つまり、ヒアリングを大事にしています。コーチングの技術、質問力を駆使して、解決すべき課題、めざすべき目標が明確になるまで徹底してヒアリングを行っています。時には、お客様が気づかなかった潜在的な課題まで浮き彫りになることもあります。効果を生み出す広告・広報戦略には欠かせないステップです。

課題や目標をもとに、効果的な提案をします。

お客様が広告・広報戦略に期待するのは、課題解決、目標達成といった効果であると考えています。効果を生み出す施策は、なぜ効果を生むのかその理由をしっかりと述べることができるものです。この理由をお客様にお伝えすることが、広告・広報戦略のパートナーとしての大きな役割です。ヒアリングして導き出した課題や目標をもとに、広告・広報のプロとしての視点と生活者の目線で理由のあるご提案をすることをモットーにしています。

戦略を立て、実行、検証まで寄り添います。

課題を見つけ、目標を設定し、戦略を立て、実行・検証、そしてPDCAのサイクルまで、広告・広報のパートナーとしてお客様に寄り添います。計画・立案し、実行した広告・広報は、効果測定まで一貫してデータ管理を行います。広告・広報戦略におけるパートナーとしてサポートすることで、お客様が業務に集中できる環境をつくり、より良い未来につなげていくことが、ワルツの使命でもあります。

人の想いを広めるお手伝いがしたい。

2012年、34歳の時に広告業界に入りました。まったく違う業種(メーカー)からの転職組です。
実は、この広告業界に入る前は「広告」というものに対して、あまり良いイメージを持っていませんでした。

「どうせお金で情報を広めるんでしょ」
「見せかけだけの広告で集客しているんでしょ」
といった具合に思っていました。

しかし、広告・広報の仕事に関われば関わるほど、
事業者さんの素晴らしい想いを生活者にしっかりと届けられる仕事だと実感するようになりました。

そして、2018年に独立。広告代理店ワルツを立ち上げました。
かなりの勇気を必要とする決断でした。なぜ、独立という道を選択したのか。
それには理由があります。広告代理店のいち社員として、
ある意味守られた立場で事業をされているお客様の大事な予算を預かることに、
ずっと違和感を感じていました。広告・広報は、時にはリスクを伴うこともあります。
そのリスクを負うお客様の立場をより深く理解するために、
わたし自身もリスクを負う立場となったうえでサポートしたい、と考えたからです。

人の想いを広めるお手伝いがしたい。

広告業界に入る時に掲げた、わたしの夢でもあります。
その想いを根底に持ちながら、広告・広報というひとつの手段、アプローチで、
お客様の役に立てるよう全力でサポートしていきたいと思っています。

株式会社ワルツ 代表 井上ちから

プロフィール

1978年茨城県生まれ。
大学卒業後、食品メーカーに入社。営業職として地元スーパーマーケット、大手スーパーマーケットの担当を経て、流通業最大手コンビニエンスストア本部を担当。プライベートブランドの発売などに携わる。流通業最大手のマーチャンダイジングを3年間体感したのはとても大きな経験となる。
2011年3月の東日本大震災をきっかけに、2011年10月に熊本に移住。
2012年3月より広告代理店(株)ゆうプランニングに入社。
2018年8月独立し、広告代理店(株)ワルツを創業。
コーチングのプロ資格(米国CTI認定プロフェッショナルコーチ)を取得。ヒアリングをもとにした提案やコンサルティングを得意としている。

COMPANY会社概要

社名 株式会社ワルツ
代表 代表取締役 井上 ちから
所在地 熊本市北区四方寄町502-1
TEL 096‐342‐6622
EMAIL chikara@34w.jp
事業内容 広告代理店業務
販売・集客に関する戦略構築
ホームページ制作
取引銀行 熊本銀行