ブログ

制作の流れを解説!思わず見てしまうテレビCMの作り方やコツ

広告豆知識

新商品や新サービスを知らない多くの人に宣伝したいと考えた時、真っ先に思いつくのは「テレビCM」ではないでしょうか?
しかし、いざテレビCMを流そうと思っても、さまざまな疑問点が浮かんでくる人も多いのではないかと思います。

「テレビCMを流すのがはじめてで、手順がよくわからない……」
「視聴者の興味を惹けるような、効果的なテレビCMの作り方を知りたい……」

この記事では、上記のような疑問をお持ちの方に向けて、

などについて、分かりやすく解説していきます。

 

初めてテレビCMを流すときの手順


何度もテレビCMを流している方には必要ありませんが、初めてテレビCMを流そうとしている方には、ぜひテレビCMを流す手順について知っておいて頂きたいと思います。

 

テレビCMを流す目的を明確にする

まずは、テレビCMを流す目的について明確にしておきましょう。「商品やサービスのアピールをしたいから」や、「会社を有名にしてブランディングしたいから」だけでは足りません。

なぜなら、それだけの理由ですとテレビCMではなく、ラジオCMや新聞広告、ネット上の動画広告でも事足りてしまう可能性があるためです。

「なぜテレビCMじゃないといけないのか?」という目的の部分を最初に明確にしておくことで、より視聴者にささるテレビCMが作れると思います。

 

テレビCMについて理解する

テレビCMを流す目的が明確になったら、次にテレビCMについて理解しましょう。

テレビCMにはタイムCMやスポットCMなどがあり、それぞれ広告形態や料金が異なります。テレビCMについて詳しくなっておくことは、必ずこれからのテレビCM作りに役立ちます。

テレビCMについて詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>熊本でテレビCMを流す費用は?TVコマーシャルの種類や効果 | 株式会社ワルツ

>>テレビCMは効果がない?!GRPやGAPを使ったCM効果の測定方法 | 株式会社ワルツ

 

ターゲット層を決める

テレビCMに詳しくなったら、次にターゲット層を決めます。ターゲット層とは、要するにその商品やサービスを「誰に」一番つかってほしいか、購入してほしいかということです。

若者なのか?主婦層なのか?サラリーマンか?

このターゲット層により、テレビCMの内容は大きく変わりますので、しっかりと考えて決めるようにしましょう。

 

予算を決める

続いては予算です。「テレビCMについて理解する」の項目で紹介したように、テレビCMは流し方で費用が大きく変わります。そのため、あらかじめ広告費にかけられる予算を決めておくことが重要になります。

テレビCMの予算について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>熊本でテレビCMを流す費用は?TVコマーシャルの種類や効果 | 株式会社ワルツ

>>「ワルツ」のCM制作費は38万円~

 

テレビCMのルールを理解する

テレビCMを流す場合、きちんとした企業であるかどうかをチェックされます。企業のホームページは必ず用意しておいたほうが良いでしょう。

また、テレビCMを作成していく上で、以下のような取り決めがあります。

  • CM本編の開始時と終了時に、それぞれ3秒ずつ程度の捨てカット(実際には流れない映像)を用意する必要がある。
  • 捨てカットの前にも、クレジットを12秒間入れる必要がある。
  • CM本編の開始時と終了時に、0.5秒ずつ音を入れてはいけない。(15秒CMの場合は音が入れられるのは14秒)

CMを流す前に、こうしたルールについてもある程度は理解しておく必要があるでしょう。

 

テレビCMの効果測定手法を活用する

テレビCMは、一般的に「費用対効果の測定が難しい」と思われがちです。効果を正確に測定できるインターネット広告が登場するまではあまり問題されてこなかった問題ですが、今では「効果がよくわからないテレビCMに高額の予算をかけるのは危険」といった考え方も聞かれるようになりました。

しかし、テレビCMも「GRP(延べ視聴率)」や「GAP(延べ注視量)」などの指標を活用することで、効果を測定することが可能になってきています。テレビCMを流す際は、こういった指標も活用しつつ、より効果的に運用していくことが大切です。

テレビCMの効果測定手法について詳しくは、以下の記事をご覧ください。

>>テレビCMは効果がない?!GRPやGAPを使ったCM効果の測定方法 | 株式会社ワルツ

 

思わず見てしまうテレビCM作りの基本

テレビCMを流すときの手順について理解できたところで、次はいよいよ思わず見てしまうテレビCM作りの基本をご紹介していきます。

 

消費者にどんな行動を取ってもらいたいか考える

まず重要なのは、そのCMを見た消費者(ターゲット)に対して、どういった行動を起こしてほしいのか?を考えることです。

例えば、「その商品を購入してほしい」という直接的な場合もありますし、「サービスや会社の名前を知ってほしい」といったケースもあると思います。

まずは消費者にとってほしい行動を考えることが、CM作りの第一歩となります。

 

15~30秒以内に伝えたいことをまとめる

テレビCMは伝えられる情報がとても多いのが特徴ですよね。しかし、時間はそれほど長くはなく、15~30秒です。つまり、15~30秒の間に、その商品やサービスの良さ(ベネフィット)をしっかりと伝える必要があるのです。

そのため、具体的にテレビCMのストーリーを考えるまえに、自社の商品の強みは何なのか、徹底的に洗い出しを行うのが重要です。

 

競合他社のCMと差別化していく

テレビCMを流すとき、競合が居ないサービスを展開している会社は稀だと思います。仮に競合他社がテレビCMを流していない場合はラッキーですが、そうではない場合、ライバルのテレビCMと差別化する必要があります。

なぜなら、後発でテレビCMを流す場合、似たようなCMを流すと「○○と似たような商品だな」と思われて認知されなかったり、最悪の場合はライバルの会社の商品だと勘違いされて、自社商品の宣伝にならない可能性があります。

競合他社がテレビCMを流しているときは、必ず事前にどんな内容かチェックして、差別化していくことが重要です。

 

ターゲット層に合わせて放送時間帯などを決める

テレビCMの放送の時間帯も、いつでも良いわけではありません。宣伝したい商品やサービスのターゲットがよく見るであろう時間帯を狙って流すのが重要です。

例えば、主婦層がターゲットの洗剤のCMならば昼間、サラリーマンがターゲットのビールのCMなら夜のスポーツニュースの時間帯といった具合です。

 

視聴者を釘付けにするCMプランの作り方

ここからは、基本からさらに踏み込んで、思わず見てしまうCMプランの作り方を詳しく解説していきます。

 

「AIDA」を活用する

「AIDA」という言葉をご存知でしょうか?マーケティング用語の1つで、消費者がテレビCMなどで商品を知ってから、実際に購入するまでのプロセスを表しています。

そのプロセスとは、以下のように表されます。

  1. ①A……Attention:注意や認知をする
  2. ②I……Interest:興味や関心が沸く
  3. ③D……Desire:欲求が沸く、商品が欲しくなる
  4. ④A……Action:購入する

多くの人は、上記のプロセスに則って、商品やサービスを購入します。テレビCMのストーリーを考える場合でも、登場人物が上記①~④に則って行動するようにすることで、共感が生まれやすくなる場合もあります。

 

実際のCMを見て分析する

続いて重要なのは、やはり実際にテレビで流れているCMを見て研究するということです。これがもっとも実践的で重要なことかもしれません。

なお、テレビCMは大まかにわけて以下の4種類に分類することが可能です。

 

商品直接型

商品直接型は、宣伝したい商品やサービスを主役にして、魅力や伝えたいメッセージなどをはっきりと強調する方法です。ビールの広告などで用いられています。

商品間接型

商品関節型は、商品やサービスはあえて脇役としておき、全体的にドラマ仕立てにして、間接的にその商品をアピールする方法です。最近では携帯電話会社などはこの手法を使っています。

理念直接型

理念直接型は、企業のメッセージをストーリー構成やメッセージに直接込める手法です。AGの広告はこの手法を用いてることが多いと思います。

理念間接型

理念間接型は、一見すると何のCMかわからないようなストーリ展開をみせ、最終的にその企業の理念へ着地するタイプの方法です。最近ではAmazonなどがこの手法を用いていると思います。

上記のように、テレビCMの手法には様々なタイプが存在します。流そうと思っている商品・サービスが、どのタイプのCMプランが一番効果的かを考えて選択することが重要です。

 

CM制作会社の選び方やポイント

ここからは、CM制作会社の選び方やポイントについて解説していきます。

 

そもそも「CM制作会社」とは?

CM制作会社は、テレビCMの素材(動画)を制作するための会社です。テレビCMを流したい顧客が、CM制作会社に制作を依頼することで、テレビCMの素材となる動画を作成してもらえます。

CM制作会社は全国にいくつも存在しており、それぞれ特徴が異なるため、選び方のポイントをおさえておきましょう。

 

テレビCMの制作実績があるかどうか

まずは、CM制作会社のウェブサイトなどを見て、テレビCMの制作実績が十分あるかどうかを確認しましょう。テレビCMを公開していない制作会社は、設立してから間もない可能性があるため、技術的に不安が残ります。

また、公開されているCMの制作実績などから、その制作会社が得意とするCMのジャンルも確認しておきましょう。制作会社を選ぶ際は、技術力もそうですが、自社が制作したいCMのジャンルが得意な会社を選ぶと良いでしょう。

 

テレビCMの企画力や提案力は優れているか

CM制作会社から、積極的に企画や提案がされるかどうかも重要なポイントです。依頼前の打ち合わせなどで、そうした提案がしてもらえるのか確認すると良いでしょう。

より良いCMにするためにも、できるだけ企画力や提案力に優れたCM制作会社を選びましょう。

 

コミュニケーションを十分とってくれるか

CM制作会社を選ぶポイントで重要なのが、コミュニケーション能力です。

お問い合わせをしたときなどに、迅速に返事を返してくれるかや、返答内容が丁寧か、また実際に打ち合わせをした際、こちらの意見をしっかり聞いてくれるか等で、CM制作会社のコミュニケーション能力が高いかどうかを見極めることができます。

こちらの意見を聞いてくれないような制作会社では、思い通りのテレビCMを作ることは難しくなってしまいますので注意しましょう。

>>クライアント様の想いを大切にする「ワルツ」のテレビCM作り

 

予算の範囲内かどうか

CM制作会社がどんなに良くても、予算と見合わなくては依頼することはできません。ホームページ内に予算を掲載している会社が多いので、問い合わせ前に必ず確認しましょう。

>>「ワルツ」のCM制作費は38万円~

 

CM放送後も効果などを検証してくれるか

テレビCMを放送後も、きちんと効果があったかどうか等、アフターフォローをしてくれるかどうかも大切な要素です。WEBサイト内に記載がない場合は、お問い合わせ時に聞いてみましょう。

 

初めてのテレビCM作りは広告代理店に相談しよう!

テレビCMを初めて制作する場合は、広告代理店に相談するのがオススメです。広告代理店は、テレビCMを流したい企業から依頼を受けて、テレビCMを流す枠をおさえたり、テレビCMの企画を提案したりするのが仕事です。

また、広告代理店に依頼する場合は、広告代理店からCM制作会社に制作依頼もしてくれるため、二度手間になることもありません。

「効果的なテレビCMを流したいけれど、良い企画が思いつかない……」

もしあなたの会社がこんな風にお悩みであれば、まずは広告代理店に相談してみるのが良いでしょう。

 

全国対応可!効果的なテレビCM制作なら広告代理店「ワルツ」へ

上記のテレビCMについての解説を読んで、「よしやってみよう!」と思う方もいれば、中には「自分ではちょっと難しいかも…」と思う人もいるかもしれません。

もし少しでも難しいと感じた場合は、テレビCMのプロである広告代理店「株式会社ワルツ」に任せてしまうのがもっとも確実で安心です。
ぜひ、お気軽にお問い合わせください!

>>制作実績(テレビCM)|株式会社ワルツ

>>お問い合わせ | 株式会社ワルツ

 

クライアント様の想いを大切にする「ワルツ」のテレビCM作り

熊本県の広告代理店である「株式会社ワルツ」では、視聴者の方が思わず見入ってしまうようなテレビCMをお作りすることができます。もちろん、「テレビCMを流すのは初めて」というお客様でも、不安にならないようしっかりとフォローいたします。

また、「ワルツ」がテレビCMを作るうえで大切にしていることとして、以下の2つがあります。

  • クライアント様の想いをしっかりヒアリングして、コンセプトを明確にする。
  • 2、3年後も見据えて、中期的にプランニングを行う。

せっかくテレビCMを作っても、ターゲットに伝われなければ意味がありません。「ワルツ」では、クライアント様の想いをしっかりと形にして、ターゲットに効果的に伝わるテレビCMをお作りすることができます。

「ワルツ」のCM制作実績の確認やお問い合わせは、以下のリンク先から行うことができます。

>>制作実績(テレビCM)|株式会社ワルツ

>>お問い合わせ | 株式会社ワルツ

 

さらに、「ワルツ」のCM作りの特徴として、制作費用の安さがあります。

「ワルツ」のCM制作費は38万円~

「ワルツ」のCM制作費は、いただいた素材を組み合わせる場合と、撮影込みの場合で料金が異なります。

  • いただいた素材の組み合わせ:38万円~
  • 撮影込み:98万円~

※全て絵コンテ案やナレーションも込みの価格です。
※価格は税別です。

「テレビCMの制作費は高い」と思っていたり、「実際に以前頼んだとき数百万円かかった」というご経験のある方も多いと思いますが、「ワルツ」では独自の制作スタッフにより、上記の価格で効果の高いCMをお作りすることができます。

 

東京や大阪など全国のクライアント様でも遠隔対応可!

「ワルツ」では、熊本だけでなく、東京や大阪など全国のクライアント様に対しても遠隔対応が可能です。(出張の場合は別途費用を頂きます)

熊本だけでなく、東京や大阪でもリーズナブルで効果的なCMを作りたいと思っている企業様がいらっしゃいましたら、ぜひワルツまでお問い合わせください!

>>制作実績(テレビCM)|株式会社ワルツ

>>お問い合わせ | 株式会社ワルツ

2019.09.23