ブログ

クロスメディアとは?メディアミックスとの違いや成功事例

広告豆知識

クロスメディアとは?


クロスメディアとは、簡単に言ってしまうと「商品やサービスをさまざまなメディアを使って宣伝・販促すること」と定義することができます。

たとえば、テレビコマーシャルなどで、最後に「続きはWebへ」という文字が表示されているのを見たことがないでしょうか?
これもクロスメディアの一例で、テレビコマーシャルからWebサイトへの流動を促しています。

でも、ただユーザーをあっちこっちのメディアにたらい回しにするのが、クロスメディアではありません。クロスメディアの重要なポイントは、各メディアそれぞれの利点を活かし、表現などを変えながら、複数メディアによる相乗効果を狙っていけることです。

 

メディアミックスとの違い

クロスメディアと似たような言葉に、「メディアミックス」があります。しかし実は、「メディアミックス」と「クロスメディア」は似て非なる言葉です。

「メディアミックス」とは、さまざまな広告媒体に広告を載せていく手法です。これだけ聞くと「クロスメディア」と同じように感じるかもしれませんが、

○クロスメディア:広告を見たターゲットを別のメディアへ誘導して、さまざまなメディアによって情報を補完しながら購入に繋げる。
○メディアミックス:同じ広告をさまざまなメディアに掲載して、不特定多数の認知度を上げる。

といった違いがあります。

 

クロスメディアの効果・メリット

ここからは、クロスメディアの効果やメリットについて見ていきます。

 

購買意欲が高い消費者を取り込みやすい

複数のメディアを駆使するクロスメディアは、主に以下のような流れで展開するのが一般的です。

①テレビCMや新聞広告などで認知度を高める。
②チラシ広告なども同時期に行う。
③Webサイトなどに誘導して購入や資料請求に繋げる。

つまり複数のメディアを経由するということは、それだけその商品・サービスに興味があるということになりますので、クロスメディアは最終的に購買に繋がりやすいというメリットが期待できます。

 

複数メディアの相乗効果で情報を補い合える

メディアがターゲットに伝えることができる情報はそれぞれ異なりますので、クロスメディアを利用すると、さまざまなメディアが色々な情報を補い合いながらターゲットに伝えることができます。

たとえば15秒間のテレビCMでは伝えきれなかった情報をWebサイトで詳細に伝えたり、歩いているときや電車・バスなどで見かけるポスターや広告を入り口としてFacebookやTwitterなどを見てもらえる場合があります。

 

ターゲット毎のニーズにあったメディアでPRできる

たとえば20代の若者をターゲットにした商品の場合、テレビ離れが進む「テレビCM」より、スマホなどに流れるネット広告のほうが有効な傾向にあります。

同じように、ネット広告は見ないけれど、新聞は目にする中高年層の世代もいます。クロスメディアは、こういった様々な世代に対して、有効にPRできるというメリットがあります。そのため、ターゲットが広い商品やサービスの場合こそ、クロスメディアが有効かもしれません。

 

効果を測定しやすい

クロスメディアでは、利用する広告媒体それぞれで、効果を計測することができます。通常、テレビCMなど一部の広告媒体の効果は測定しにくいですが、例えばテレビCMからWebサイトへ誘導している場合、Webサイトのアクセス数とアクセス元を見れば、テレビCMによるものかどうか大体判断することが可能です。

こういった形で、それぞれの媒体でどの程度効果があったのか把握することが簡単になります。

 

クロスメディアの成功事例

ここでは、クロスメディアの成功事例についてご紹介していきます。

 

「テレビCM」から「ホームページ」へのクロスメディア

まずは記事中でもご紹介しましたが、「テレビCM」から「ホームページ」へ誘導を促す成功例です。こちらは、クロスメディアの中でも代表的な例と言えるでしょう。

実際、テレビCMの最後に「続きはWebへ」という形でWebサイトに誘導するCMは、多く存在していました。

 

「電車・バスのつり広告」から「SNS」へのクロスメディア

続いて、電車やバスのつり広告から、「SNS」へ誘導するというクロスメディアの手法をご紹介します。

通勤・通学などの移動時に目にする人が多いバスや電車のつり広告ですが、読んでもらおうと長文を書いても、あまり読む人はいないと思います。そこで、企業としてFacebookやInstagramなどを開設しておき、そちらへ誘導するという手法があります。

 

「SNS」から「ホームページ」へのクロスメディア

続いて、「SNS」から「ホームページ」へのクロスメディアです。例えば上記のバス・電車内のつり広告からSNSへ誘導した続きだと考えても良いでしょう。

企業のFacebookに来たユーザーは、企業の投稿を閲覧します。そこでさらに興味が沸いた人は、企業のホームページや、商品のWebサイトへ移動します。Facebookには企業URLを登録しておく箇所がありますので、忘れずに登録しておきましょう。

 

熊本でクロスメディアをするなら「ワルツ」へ!

クロスメディアについて色々と解説してきましたが、重要なのは「メディアごとの特性・利点を知って、上手に活用すること」です。そのために必要なのは、各メディアに対する豊富な知識であることは言うまでもありません。

熊本でクロスメディアをお考えの方は、テレビCMからホームページ、インターネット広告まで、あらゆる広告媒体に精通した「株式会社ワルツ」までお問い合わせください。
きっと、御社にとって最適なご提案をさせていただきます。

お問い合わせ | 株式会社ワルツ

2019.09.04